使用方法やかかる費用を確認してバイク便を活用しよう
ロゴ

webからも申し込めるバイク便!即配のサービスも利用しよう

バイク便と通常配達の違いとは?

1日ほど時間がかかるのが通常配達です

通常配送は、配送先をルートごとに仕分けして効率よく配達できるように事前に整理するため、時間がかかります。集荷締め切り時間が決まっていますし集荷後、翌日配送といったタイムラグが発生しますが、運賃等の費用を安く済ませることができます。

預かったその場で配送先へ直行するのがバイク便

バイク便は、配送対象物をクライアントのもとから預かったその足で配送先へ直行するシステムをとっている事があります。エリアが決められている事が多いのですが、車で配達するよりも早く届けることができるので、急ぎの書類の配送等に用いられます。

バイク便の人気サービスTOP3

no.1

24時間年中無休

今では時間を問わず仕事に追われる方が増えています。夜中の急な仕事に対応したい、翌朝の締め切りの間に合わせたいという場合などに、24時間年中無休のサービスを行うバイク便があると、時間に余裕が生まれる場合もあるため、心強いという声があります。

no.2

2時間以内の配達が可能

集荷から配達完了まで2時間以内というサービスがあれば、書類完成までのリミット時間を設定できるなど、「時間を読む」事ができるため、準備時間に余裕が生まれます。先方にも目安時間を伝えられるなどスピーディーな対応が可能です。

no.3

10キロまでの荷物なら対応可能

バイク便の場合、対応できる荷物の大きさや重さが限られてしまいますが、10キロまでの重量物であれば引き受け可能なサービスも存在しているので、ちょっとした荷物でも気軽に依頼できるメリットがあります。

使用方法やかかる費用を確認してバイク便を活用しよう

バイク便

バイク便の申し込み方法

バイク便の申し込み方法は簡単です。電話やwebを利用して集荷の申し込みと時間予約を行います。それまでに発送対象物を準備しましょう。バイク便担当者が訪問した際に配送伝票を記載し荷物と共に託します。その際に宛先や重さなどを確認して料金を算出し支払うことで、申込は成立します。
少しでも発送までの時間を短縮したい場合は、web上で印字伝票をオーダーできるバイク便もありますので、毎回同じあて先に発送する場合などには利用することをおすすめします。

バイク便を利用する場合の平均費用

バイク便の料金は、依頼先から発送先の地図の直線距離を求めて算出することが一般的です。60分以内のクイック配送指定であれば10km圏内で2,000円~4,000円程度、通常便であれば10km圏内で3,000円程の費用を見積もればよいでしょう。Webからの申し込みであれば、割引価格で利用することもできるので、できるだけwebを経由して申込みましょう。ただし、距離が遠くなればその分加算料金が発生しますし、時間帯や天候によっても加算割り増し料金が発生しますので、注意が必要です。

バイク便の意外なサービス

機密書類を発送しなければいけない、大事な情報を届けなければいけないという場合、セキュリティ度を高めた即配便サービスを選択できるバイク便も存在します。万一個人情報が漏えいした場合に備えた補償も付きますので、安心です。もちろん専門的に教育を受けた専属担当者が大事な書類を預かります。最高機密書類を配送するためカモフラージュをしたいという場合や、いち早く書類を届けるために、保障を付加したい等という時におすすめです。

バイク便の利用の流れ

バイク便を利用する際は、申し込みをするところから始まります。時間指定をする、荷物の準備ができている場合は発送できるまでの状態にしておくことで即バイク便担当者に来てもらえます。荷物を託した後に、依頼元から発送先への直線距離・天候・引き受け時間などによって料金が算出されます。依頼人は請求された費用を支払うことで契約が完了します。支払い方法はweb経由でクレジット払いができるほか、着払いが可能です。利用頻度が高ければ月末〆などの約定によって請求書払いも可能です。

広告募集中